2006年06月07日

事業内容

わが社の事業は2本立てです。まず、地域にかかわりなく、ソフトウェアやコンテンツを開発して販売する事業。そして、地域密着型のサポート事業です。
 
法人設立当初は、ソフトウェアとコンテンツの開発が主力事業で利益を生んでおりましたが、いわゆるITバブル崩壊と新興諸国との価格競争があって、決定的なダメージを受け、新しいアプローチを考え出す必要がありました。そこで始めたのが、地域密着型のITサポートサービスです。長期的には、ネット上のサービスを見立ててつなぎ合わせるようなマイクロ・システム・インテグレーターたることを目標としております。が、ネット上の公開サービスの量と質が臨界点を超える時期までは、助走段階。原始的な形であろうと実需に対応してゆく必要があります。格好つけて言えば、マーケットでのプレゼンス確保ですね。ありていに言えば、狭域でのパソコン出張サポートからスタートしています。このサービスでは、ねっと猫の手という商標を用いております。


さて、もう一方の事業、ソフトウェアやコンテンツの開発販売のほうでは、軽量ソフトの開発販売を手がけております。こちらはまだまだビジネスの形をなしてませんが。さきほどお話しました、マイクロ・システム・インテグレーターというのが、ネット上のサービス群を仲介するような、サービス消費者側のビジネスであるのに対し、こちらはネット上のサービス提供側。ニッチ的なサービス、つなぎの部分等の軽量なサービスを提供することをゴールに置いております。その原始的な形として、スクリプトによる、ソフトウェアともコンテンツともつかない、軽ソフトを作って売る、そういうビジネスを試しつつあります。こちらは、「ソフトのプレタポルテ」「ライオンハンズ」という商標を用いております。

一般に、ソフトハウスといえば、すでに需要は持ち直しているわけで、なんでまた受託という確実に食える道を離れて、こういう難しい方向を開拓しようとしているのか。それは、下請けをしていて、顧客にスパっと切られた経験がある人にはわかるかもしれません。生命線を特定他社に握られているということは、決して安定と呼べない場合があるのです。

営業が下手だから、こういう風なアプローチをとらざるをえないという指摘も、あるでしょうね。



posted by aloha at 12:32| 会社情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。